藍染の洗濯方法

「正藍染め」の場合、基本的に、特別な洗濯方法はありません。綿は綿、麻は麻、毛は毛、絹は絹の洗い方をして下さい。
 型くずれが気になるジャケットやコートは、クリーニングにお出し下さい。

 藍染めは、糸や布に「藍」が付いている分、擦れに強く丈夫で長持ちします。
 全ての染色堅牢度にとても優れているのが、本来の藍染めの特徴です。

 色落ちは、するものとしないものがありますが、たとえ色落ちしても、色移りはありませんので、他のものと一緒に洗って構いません。
 色落ちがあったとしても、直ぐに止まります。

 初めのうちは、ゴボウのアクのような色が出ることがありますが、それこそ藍染めの「アク」です。
 アクが抜けることによって、青味が冴えてきます。
 それを「アクが抜ける」→「あか抜ける」と言います。
 藍染めが、「洗えば洗うほど良い色になる」というのは、あか抜けるからです。

 以上は、すくも(藍)を灰の灰汁で建て、化学薬品やブドウ糖・水飴などを一切使わずに管理している、「本建て正藍染」の洗濯方法です。
 苛性ソーダや還元剤などの薬品を使い、建てたり管理している「化学建て」や、ブドウ糖・水飴などを使用している「本藍染め」とは異なりますので、ご注意下さいませ。


藍染めの色落ちについて

 「藍染めは、色落ちがして洗濯が面倒だ」と言う声を良く聞きます。
 その辺りは、「藍染めとはなんぞや?」という面倒な説明を要しますので、ご興味のある方は、ブログ「紺屋の白袴」の記事をご覧下さい。

 

藍の匂いについて

 藍染めについての誤解は、色落ちや色移りもありますが、「匂い」についてもあるようです。
 ご興味のある方は、やはりブログ「紺屋の白袴」の記事をご覧下さい。
 基本的には、臭くありません。

 

染色堅牢度について

 日光,洗濯,汗,摩擦,酸,アイロン等各種の外的条件に対する染色の丈夫さの度合のことです。

 ・日光に当たった時の日焼けの度合い。⇒耐光試験
 ・水に濡れた時の色落ち、また色移りなどの変退色の度合いはどうか。⇒水試験
 ・洗濯(水洗い)した時の色落ち、また色移りなどの変退色の度合いはどうか。⇒洗濯試験
 ・ドライクリーニングした時の色落ち、また色移りなどの変退色の度合いはどうか。⇒ドライクリーニング試験
 ・汗(酸性、アルカリ性)に対してはどうか。⇒汗試験
 ・摩擦に対しての強さはどうか。⇒摩擦試験
 ・塩素処理水に対しての強さはどうか。⇒塩素処理水試験

 などがあります。

 これについてはこちらをご参照ください。
 ちなみに、全ての染色堅牢度に優れているのが正藍染の特徴です。
 つまり、色落ち・色移りが少なく、日焼け・摩擦・汗にも強いのです。