藍染めとは

藍染め
 藍・インディゴを元に染めるのが、藍染めです(詳しくは、「正藍染と藍染め」の項で)。
 古来人類は、「藍」を持つ植物の葉を利用して藍染してきました。
 葉の中にある「藍」は、水に溶けません。ですから、草木染めのように煮出しても藍染めは出来ません。これが、いわゆる「草木染」と「藍染め」の決定的な違いです。
 水に溶かさなければ染め物にはなりませんから、藍を可溶性にして染め液を作ります。それを「建てる」といいます。

 日本では、三っつの段階を経て藍を水に溶けるようにしていました。
 先ずは、「藍農家」が藍草を育て、「藍師」が乾燥葉を100日ほど掛けて醗酵させて「すくも(蒅)」という原料を作ります(すくもを杵で突いたものが藍玉)。次に「紺屋(こうや)」がすくも(藍玉)を藍師から仕入れて藍を建て、染め液を作り藍染めをします。

 藍染は全国で染められておりましたから、産地はありません。明治時代までの日本では、どんな小さな村でも紺屋があったくらいに当たり前の染めでした。
伝統的な藍染め
 藍は藍草の葉に「青藍」として存在し、水に溶けません。
 灰汁で醗酵させると「白藍」として水に溶けだし、液の中に粉体として存在するようになります。つまり顔料のようなものです。
 そこに糸や布を入れると藍が付着。外に出すと酸素と結合(酸化)して、元の水に溶けない青藍に戻って青くなるのです。
 だから、藍染は「染める」とも言うけれど、「付ける」とも言います。

 酸化して青くなった藍は、元の水に溶けない藍に戻ったわけですから、本来藍染めは色移りしませんし、定着すれば色落ちもしません。直ぐに定着しますから、色が落ち続けることはありません。。

 糸や布に付着した藍の上に藍を重ねると、つまり何度も何度も染めると、青味が濃くなります。
 付着ですから、糸や布の中に藍の色は入って行きません。つまり、コーティングしているようなもので、擦れに強く、繊維を丈夫にするのです。その分、洗濯に強く、丈夫で長持ちするために、野良着やジーンズなどの労働着に適しているのです。

写真は綿の紐を藍染めものの断面。藍が表面に付着していて中に染み込んでいないのがお分かりだと思います。

 色を染み込ませるから「染色」ですが、藍染めは付着ですから、正確には「染色」ではありません。いわゆる染色家が藍染めを間違えるのはこのためだと私は考えています。

 綿・麻・絹・毛など、天然繊維全てに染めることが出来ます。石油系の合成繊維は染まりません。(この動画を参考)
 糸や繊維に付着した「藍」が、様々に働き人間の役に立ってきました。
 紫外線を通さず、(毒)虫除けと言われ、抗菌作用や遠赤外線効果と云ったことです。
 だから7000年近く、人間は藍を染め、使ってきたのでしょう。
化学的な藍染め
 産業革命以来、世界は家内工業から大量生産の時代になりました。藍染もまた、伝統的な手工業から大量生産の時代になっています。その主役は、石炭です。人間は、石炭の中にインディゴを発見しました(詳しくはこちらを参照)。

 石炭からとられたインディゴも、水に溶けません。それを可溶性に変えるために、化学は伝統的な藍染を分析しました。その結果、強アルカリ性で無酸素状態の溶液を作れば、インディゴ(藍)は水に溶けるとわかった。そして、苛性ソーダや石灰で強アルカリ性にして、醗酵の代わりに還元剤によって無酸素状態の溶液を作り出しました。それによって、インディゴ(藍)を持つものなら化学的な藍だろうが植物の藍だろうが、簡単に染め液が作られるようになり、大量生産の藍染が世界を席巻し、伝統的な藍染は、ほぼ滅びたと言っても良い状況となっています。